ケンコーコムが大幅5日続落、13年3月期業績予想を下方修正で

 ケンコーコム<3325.T>が大幅5日続落し、一時前週末比2万9000円(18.7%)安の12万6300円まで下落する場面があった。前週末8日に、13年3月期通期の連結業績見通しを従来予想の売上高200億~205億円、営業利益1億~2億円から、売上高175億~180億円(前期比1.9~4.9%増)、営業損益1億3000万~3000万円の赤字(前期5億1900万円の赤字)に下方修正したことを嫌気している。送料無料ラインの引き下げを固定化したことによる出荷単価の低下や、新規参入などで競争激化による売価の低下、また、ドロップシップ事業の大手取引先との契約を解除したことなどが要因。なお、同時に発表した第3四半期累計(4~12月)連結決算は、売上高131億3600万円(同3.4%増)、営業損益7800万円の赤字(前年同期4億9900万円の赤字)とだった。

ケンコーコムの株価は11時30分現在13万8600万円(▼1万6700円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)