ヒラノテクが急反発、通期売上高下方修正も利益計画通りで安心感高まる

 ヒラノテクシード<6245.OS>が急反発、一気に1000円台に乗せてきた。8日大引け後に今3月期の通期予想を連結売上高で当初計画の185億円から150億円(前期比33.6%減)に下方修正しているが、納期変更が要因であることから悪材料視されていない。原価率の低下や、更なる経費の削減効果が表面化していることから営業利益では11億2000万円(前期比19.9%減)の当初予想を変更しておらず、第3四半期時点で8億8600万円(前年同期比34.6%増)を達成していることからも業績面での安心感が高まっている。

ヒラノテクシードの株価は11時30分現在1017円(△145円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)