ソニーの物色人気健在、マド埋め完了で押し目買い

 ソニー<6758.T>が反発。前週発表した12年4~12月連結決算では、営業損益が前年同期の658億円の損失から829億円の黒字へ大きく改善したものの、液晶テレビやデジカメなどの販売目標を引き下げるなど先行き不安の火種を残したことや、株価はこれまで急速に上昇をみせてきたこともあり、目先的な利益確定売りに押された。しかし、先週前半に開けたマドを埋めたのを見計らって、時価は再び押し目買いが優勢となっている。売買代金は11時30分現在全銘柄中の第5位につけるなど依然として物色人気に衰えのないところをみせている。

ソニーの株価は11時30分現在1409円(△44円)。

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)