ジャムコがS高カイ気配、ギャレーなど販売好調で13年3月期業績予想を上方修正

 ジャムコ<7408.T>がストップ高カイ気配。前週末8日に13年3月期通期の連結業績見通しを従来予想の売上高472億9800万円(前期比5.0%減)、経常利益7億4200万円(同23.1%増)から、売上高522億8000万円(前期比5.0%増)、経常利益22億円(同3.6倍)に上方修正したことを好感している。航空機内装品事業でギャレーやスペアパーツの販売が大幅に増加したことに加えて、コスト削減効果や円安の進行による影響などが要因。
 また、11日付の日本経済新聞で、シンガポール航空向けの航空機シートなどを受注し、このほど納入を始めたと報じられたことも材料視されている。記事によると、ボーイング777のビジネスクラス向け座席で10機分を受注し、座席の納入数は計260席程度になるとしている。

ジャムコの株価は13時01分現在561円(△80円)カイ気配。

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)