三井金が大幅反発、通期経常利益120億円据え置きで買い安心感

 三井金属<5706.T>が大幅反発。8日引け後に13年3月期連結業績見通しの修正と配当実施を発表。売上高は前回予想の4160億円から4100億円(前期比4.9%減)に、営業利益は143億円から140億円(同33.0%減)に若干減額したが、経常利益は120億円(同37.4%減)に据え置いた。また、未定としていた3月期末配当は年3円(前期は年3円)を実施する予定としたことから、買い安心感が出ているようだ。電池材料など機能材料や自動車機器が想定を下回っているが、非鉄金属価格の上昇や円安効果から経常利益は前回予想を確保できる見通し。

三井金の株価は13時14分現在241円(△16円)。

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)