日東精が4日ぶり反落、13年12月期業績の伸び悩み見通しで利益確定売り先行

 日東精工<5957.T>が4日ぶりに反落。8日引け後に12年12月期決算を発表。連結経常利益が前期は23億4000万円(前の期比57.3%増)と大幅伸長での着地となったが、今期は23億5000万円(前期比0.4%増)と伸び悩む見通しとしたことから、利益確定売りが先行している。主な需要先である自動車業界の海外生産シフトが進んでおり、自動車向け工業用ねじの国内減速をみていることやデジタル家電向けの低調が要因だ。

日東精の株価は13時42分現在285円(▼20)。

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)