カルソカンセは大幅3日続落、操業度低下で13年3月期業績予想を下方修正

 カルソニックカンセイ<7248.T>が前週末8日の引け後に、13年3月期連結業績見通しを従来予想の売上高7500億円、経常利益170億円から、売上高7300億円(前期比6.7%減)、経常利益110億円(同50.1%減)に下方修正したことを嫌気。日本でのエコカー補助金終了に伴う販売台数の落ち込みや、日中関係悪化による日本車販売の減少の影響が前回見込みを上回り、操業度が低調に推移することが要因。また、新型車への切り換えに伴い旧モデル在庫の一括処理を行なったことに加えて、北米で前回見通しを超える新車立ち上り費用が第3四半期も発生し、これらが下方修正の要因となっている。

カルソカンセの株価は14時29分現在351円(▼45円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)