重松製作がストップ高、「PM2.5」被害深刻化で

 重松製作所<7980.OS>が前週末比10円高の695円で寄り付いた後ストップ高の785円まで買い進まれ、7日につけた昨年来高値699円を一気に更新した。防毒・防塵マスク大手で、中国の大気汚染の影響が国内におよんでいることが手掛かりになっており、連休中も各報道機関が被害の深刻化を伝え、さらに買い気が強まった。汚染物質の微小粒子状物質「PM2.5」が春先に向け偏西風に乗ってさらに濃度が増すとの観測も上値追いの根拠になっている。

重松製作の株価は15時10分現在785円(△100円)カイ気配。

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)