シチズンHDが業績下方修正、最終60億円の赤字、期末減配も

 シチズンホールディングス<7762.T>が13年3月期の連結業績予想の修正を発表、売上高は2740億円(前回予想2800億円)、最終損益は60億円の損失(同85億円の黒字)見込みとなった。工作機械事業、デバイス事業が、市場の低迷や企業の設備投資意欲の減退などを背景に想定を下回った。また、構造改革の実施に絡み特別損失を計上することで、最終損益は赤字に転落する。期末配当についても従来予想の5円を3円に減額し、年間では8円配当となる見通し。

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)