やまびこが13年3月期業績の上方修正と配当予定の引き上げを発表 円安効果で経常減益幅が縮小

 やまびこ<6250.T>が12日引け後に13年3月期連結業績見通しの上方修正と配当予定の引き上げを発表。売上高は前回予想の890億円(前期比2.4%増)を据え置いたが、経常利益は15億円から25億円(同13.4%減)に増額し、48%経常減益から減益幅が縮小する見通し。為替相場がドル、ユーロに対して円安傾向で推移していることが利益を押し上げる。第4四半期の前提平均為替レートは1ドル=90円、1ユーロ=120円。通期平均では1ドル=83円、1ユーロ=108円(前回見通し1ドル=80円、1ユーロ=100円)。また、3月期末配当予定は年35円から5円増の年40円(前期は年48円)に引き上げた。

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)