サニックスが急騰、今3月期大幅増額を足場に上値追い

 サニックス<4651.T>が商いを膨らませ急騰、一時前日比28円高の360円まで値を飛ばした。同社は12日、13年3月期の連結業績予想の上方修正を発表、売上高は435億円と前回予想から55億円の大幅増額、最終利益は21億円と同2億8000万円の増額となったことでこれを好感する買いが優勢だ。同社は市場では太陽光発電関連株の一角に位置づけられているが、今回の決算でもホーム・サニテーション(HS)事業部門において、太陽光発電事業が全体の牽引役だ。12年7月から施行の再生可能エネルギー固定価格買い取り制度を追い風に太陽光発電システムが当初計画を上回る見通しとなっている。また、環境資源開発事業部門も「プラスチック燃料収入」や「売電収入」が当初の計画を上回る見通しで、業績に高変化をもたらせている。

サニックスの株価は10時40分現在352円(△20円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)