ヤクルトが4日続落、天津に第2工場建設も見切り売り続く

 ヤクルト本社<2267.T>が4日続落。前日に中国・天津に第2工場を建設すると発表したが、月初に仏ダノンが敵対的TOBを実施しない意向を示していることが伝えられて以降、見切り売りが続いており、好材料にも反応はない。ダノンによるTOBの思惑が株価形成の最大の要因になってきただけに、下支え要因を失くしたかたちになっており、月初の急落後も下値を切り下げる冴えない展開が続いている。

ヤクルトの株価は10時53分現在3450円(▼35円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)