オプトが反発、三菱UFJMSが目標株価引き上げ

 オプト<2389.OS>が反発。12日付で三菱UFJモルガン・スタンレー証券がレーティング「アウトパフォーム」継続、目標株価を800円から1000円に引き上げた。1月31日に電通との業務提携内容の変更を発表しているが、協業からの営業利益貢献は決して大きくはなかったと指摘、検索連動やコンテンツ連動など、ターゲットしたいユーザーに最適な単価で配信することによって、広告主の費用対効果を最大にする「運用型ネット広告」の成長を評価し、今3月期の通期予想を会社側計画の18億5000万円に対して同証券では当初予想の16億9800万円から19億2200万円(27.6%増)に引き上げている。

オプトの株価は10時30分現在732円(△9円)。

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)