全国保証が急速切り返し、短期資金の物色人気続く

 全国保証<7164.T>が急反騰。ここ高値警戒感が浮上していた折、前日に利益確定を売り急ぐ動きに急反落となったものの、すかさず切り返す腰の強さをみせている。同社は全国の地銀や信金など金融機関と提携して住宅ローン保証事業を展開している。昨年12月19日に東証1部に鳴り物入りで新規上場した後も、直近IPO銘柄特有の値動きの軽さが魅力となり、個人投資家を中心とした短期資金を呼び込んでいる。ファンダメンタルズも良好だ。先に13年3月期の業績見通しの上方修正を発表し、従来予想の経常利益87億1700万円から108億3000万円に大幅増額したことを受けて、直近はマドを開ける奔騰を演じた。主力の民間金融機関住宅ローン保証事業で、保証債務残高が堅調に増加したことに加え、代位弁済が当初計画を下回ったことによる与信費用の減少などが業績に寄与した。

全国保証の株価は11時21分現在3195円(△281円)。

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)