SMCが安寄りの後切り返す、業績上ブレ期待を手掛かりに買いが優勢に

 SMC<6273.T>が安寄りの後切り返している。12日取引終了後に発表した今13年3月期の第3四半期決算は半導体業界向け制御機器の需要減少により、4.7%減収で連結営業利益は前年同期比19.0%減の591億2200万円と大幅減益を余儀なくされたが、中国を含めたアジアと米国向けを中心に海外売上げ比率が62%を占め、円高修正による業績上ブレ期待を手掛かりに買いが優勢になった。今3月期通期の売上高は前期比9.3%減の3100億円、営業利益9.2%減の800億円と前回予想を据え置いている。

SMCの株価は12時53分現在1万5660円(△300円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)