奥村組が続伸、4~12月期は経常黒字転換し通期計画を超過達成

奥村組<1833.T>が続伸。12日発表した12年4~12月期の連結業績は売上高1330億1400万円(前年同期比7.4%増)、営業損益3億1700万円の赤字(前年同期は35億8700万円の赤字)、経常損益は28億5500万円の黒字(同24億8000万円の赤字)となった。受注の伸長や売上総利益率の改善はあったが、販売管理費が重く営業段階では赤字が残ったものの、貸倒引当金の戻し入れがあったことから、経常段階では黒字を確保した。また、13年3月期通期の連結業績見通しは売上高1820億円(前期比1.5%増)、営業損益9億円の黒字(前期は39億3900万円の赤字)、経常損益は20億円の黒字(同28億2800万円の赤字)の前回予想を据え置いたが、経常損益は既に上回っており買いが先行している。

奥村組の株価は13時02分現在373円(△23円)。

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)