京成は後場反落、野村証が目標株価を950円に引き上げ

 京成電鉄<9009.T>は後場に入って反落に転じて、前日比12円安の809円まで売られている。野村証券が13日付のリポートで、投資判断「バイ」を継続しながら、目標株価を890円から950円へと引き上げている。リポートでは「成田から都心を結ぶ鉄道、バス事業が好調なうえに、持分法会社の業績拡大が続いていることから14年3月期も経常利益で2ケタ増益が続く」としている。

京成の株価は14時22分現809円(▼12円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)