<みんかぶ・個人投資家の予想から>=「売り予想数上昇」1位に大崎電

 「みんなの株式」が集計する「個人投資家の予想(最新48時間)」の13日14時現在で、大崎電気工業が「売り予想数上昇」で1位となっている。

 1月31日発表の第3四半期累計(4~12月)連結決算で、売上高は434億1500万円(前期比33.0%増)と大幅増となったものの、営業利益は13億2200万円(同37.7%減)の大幅減益となった。買収したシンガポール子会社の寄与で売上高は増加したものの、計測制御機器事業で販売価格が低下したことや、FPD関連装置事業で減益となったことが響き減益に。13年3月期業績予想に対しては、営業利益の進捗率が43%にとどまっており、業績未達懸念も生じている。
 また、これまで寡占状態にあった電力メーターについても、一般競争入札による調達の方向にあり、新規事業者の参入が容易になるとの見方も強まっている。スマートメーターの需要拡大の期待はあるが、今後の事業環境の厳しさも売り予想数の上昇につながっている。

大崎電の株価は14時57分現在454円(▼13円)。

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)