鉄建が13年3月期業績の下方修正と無配を発表 建築工事の利益率低下で8億円の経常赤字転落へ

鉄建<1815.T>が13日引け後に13年3月期連結業績見通しの下方修正と未定の配当予定を発表。売上高は前回予想の1430億円から1290億円(前期比1.1%減)に、経常損益は12億円の黒字から8億円の赤字(前期は13億9300万円の黒字)に見直し、経常赤字転落の見通し。一部工事の進捗や着手の遅れ、完成工事の計上が次期にずれ込むことで建築工事利益率の低下が大きく影響する。また、未定としていた3月期末配当は無配(前期は年1円)とした。

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)