アイロムHDが13年3月期業績予想を上方修正、主力のSMO事業の好調で

 アイロムホールディングス<2372.T>がこの日の取引終了後、13年3月期の連結業績見通しを従来予想の売上高63億7000万円、経常利益6000万円から、売上高64億3000万円(前期比41.6%減)、経常利益4億5000万円(前期16億9700万円の赤字)に上方修正した。主力のSMO(医療機関向け治験支援)において試験の受託と進捗が順調なことに加えて、医薬品などの販売事業で販管費や在庫管理の強化を図ったことが要因。また、営業外収益に貸倒引当金戻入額2億1600万円を計上したことなども寄与した。
 なお、同時に発表された第3四半期累計(4~12月)連結決算では、売上高54億6800万円(前年同期比41.3%減)、経常利益4億1800万円(前年同期14億9000万円の赤字)を計上した。

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)