みずほ(8411)、大幅続落、下ひげが出現しなければ・・・

弱気相場に突入なら、本格的な調整局面へ
大幅続落。窓理論に反して下落している。本日、長い下ひげが出現するなど、調整一巡を示唆するチャート形状とならなければ、弱気相場に突入したことを意味する。「窓理論に反した動き」ということになり、「軸は下向き」との判定だ。その場合、すでに天井を形成したことになり、ここから本格的な調整局面へと突入することになるだろう。