ベルパークが反発、発行済株式数の3%に相当する自社株取得枠設定を材料視

 ベルパーク<9441.OS>が反発。一時69円高の1848円まで買われた。同社は13日、自己株式を除く発行済株式数の3.02%に相当する20万株、4億円を上限とする自社株取得枠の設定を発表した。取得期間は2月14日~8月30日でこれを材料視する買いが優勢だ。ソフトバンク専売の携帯電話販売大手だが、「iPhone5」効果などもあって収益環境は良好。同日発表した12年12月期単独業績は最終利益が17億8300万円と前の期と比較して19.7%の高い伸びを示した。ただ、13年12月期については売上高は引き続き2ケタの高い伸びが予想されるものの、最終利益は14億1000万円と11年12月期並みの水準を見込むなど会社側は保守的。

ベルパークの株価は9時28分現在1837円(△58円)。

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)