太陽誘電が大幅反発、円安恩恵で今3月期の利益増額を好感

 太陽誘電<6976.T>が急騰で4ケタ大台を回復、新高値に進んだ。同社は13日、13年3月期通期の連結業績予想の修正を発表、売上高は従来予想から変更はないが、経常利益が60億円と従来予想の30億円から増額、また最終利益は30億円と従来予想の収支均衡(ゼロ)から増額されており、これが大きく好感されている。為替市場が円安基調に転じる中、営業外収益として為替差益の計上を見込んだもので、円安効果が如実に出た格好だ。なお、13年1~3月期以降の想定為替レート(対ドル)は1ドル=85円としている。

太陽誘電の株価は9時44分現在1005円(△118円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)