目先は長期抵抗線に跳ね返された。中長期でのドル買い目標値

目先は日柄調整に注目したい
ドル円相場では2012年、円安ドル高に転換し、1ドル70円台後半から94円台まで一気にドル買いが進行した。テクニカルでは、途中中期的な抵抗帯である80円台半ばを突破し、長期的な抵抗帯である94円台までドル買いが進行し、目先はこの抵抗帯で足踏みをしている状況である。

そして、2013年の長期的なドル買いの目標値としては、調整をこなしながらドル買いが進み、1ドル100円から101円辺りを想定している。

■売買戦略
今後のドル円戦略としては、どのような日柄調整を行うかが鍵となる。仮に調整局面入りした場合には、ロスカットを巻き込む可能性があり、大きく下振れる恐れも。目先は92円台突入時の動きと時間軸次第で、91円台突入も視野にいれて臨みたい。調整が確認できれば押し目買い戦略で接したい。