東京機が小動き、13年3月期経常赤字幅の拡大見通しも反応限定的に

東京機械<6335.T>が小動き。13日引け後に13年3月期連結業績の大幅下方修正を発表。売上高は前回予想の100億2000万円から91億4000万円(前期比9.0%増)に、経常損益は6億2000万円の赤字から43億8000万円の赤字(前期は76億5900万円の赤字)に見直し、経常赤字幅が大きく拡大する見通し。新聞印刷業界の設備投資低迷でオフセット輪転機の販売価格が想定以上に下落していることや、事業構造改革による経費削減効果が一部来期にずれ込むことが要因。だが、今期の収益環境が悪化していることは想定されており、人員削減などの構造改革を推進していることから、来期の収益改善に期待する向きもあって、株価の反応は限定的になっている。

東京機の株価は10時25分現在69円(△1円)。

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)