応用地質が続落、13年12月期最終大幅減益見通しで利益確定売りがかさむ

 応用地質<9755.T>が続落。13日に12年12月期連結決算を発表。前期の連結経常利益は前回予想を8億3400万円上回る33億3400万円(前の期比45.3%増)、最終利益は17億5600万円上回る57億5600万円(同5.3倍)と上振れ着地となったが、今期は前期比10%減の30億円、最終利益は同68.7%減の18億円と減益見通しとしたことから、いったん好材料が出尽くしたと見た向きの利益確定売りがかさんでいるようだ。防災・震災関連業務は堅調に推移するものの、米国の持分法関連会社の株式売却益がなくなることが最終大幅減益の主な要因。

応用地質の株価は12時49分現在1050円(▼47円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)