エイベックスが5日ぶり反発、利食い一巡で値ごろ感から押し目買い

 エイベックス・グループ・ホールディングス<7860.T>が5日ぶり反発。2月初旬に2756円の高値に買われたあとは調整局面にあったが、目先は売り飽き気分から押し目買いも入り始めた。同社株が売られる契機となったのは今月7日に発表した13年3月期通期の連結業績予想の上方修正。映像配信やライブの好調により従来の想定を上回り、売上高は1390億円と従来予想から80億円の増額、経常利益は135億円と同12億円の増額となったものの、株価は既に年初から2月初旬まで5割以上も上昇させており、材料出尽くしの動きとなった。ただ、その後は岩井コスモ証券が12日付のリポートで、投資判断「A」を継続しながら、目標株価を従来の2500円から3300円へ引き上げたことなど側面支援も加わり、ここにきてムードが変わり始めているようだ。
 
エイベックスの株価は14時00分現在2457円(△96円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)