新日鉄住金が続落、今3月期期経常利益600億円予想するも利益確定売り続く

 新日鉄住金<5401.T>が続落。きょう午後1時30分に発表した今13年3月期の第3四半期決算は鋼材市況の低迷で営業赤字に転落したものの、経常黒字は維持、非開示としていた通期業績予想を発表したが、6日に昨年来高値281円をつけるまでの過去1カ月間で株価は約34%上昇しており、利益確定売りが続いた。戻り過程で信用買い残が積み上がるなど、需給悪化も警戒されている。今3月期通期の連結売上高は4兆3000億円、経常利益600億円、減損処理や有価証券売却損を計上することなどから最終損益は1400億円の赤字を予想し、未定としていた期末配当を1円とした。

新日鉄住金の株価は14時40分現在257円(▼8円)。

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)