東映が反発、「ヱヴァ」効果などで通期上ブレ期待

 東映<9605.T>が反発。この日午後2時に今3月期の第3四半期決算を発表、連結営業利益で前年同期比9.3%増の108億7800万円と増益を達成、進捗状況から通期予想である130億円(前期比4.1%増)は上ブレ期待が高まるところ。「ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q」や「ONE PIECE FILM Z」が大ヒットしており、アニメ映画が好調が際立っている。

東映の株価は14時35分現在502円(△9円)。

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)