大同メタルが後場急落、第3四半期営業26%減益で通期計画未達を警戒

 大同メタル工業<7245.T>が後場に入って急落、前日比54円安の765円まで下げ幅を広げた。きょう午後2時に発表した今13年3月期の第3四半期決算が営業益が53億6700万円と26.2%の大幅減益になり、通期は前期比27.6%減の69億円と前回予想を据え置いたが、計画未達が警戒された。自動車向けが堅調に推移する一方、舶用売り上げの不振や建設機械向けの落ち込みが続いており、固定費負担増で財務内容が悪化している。

大同メタルの株価は15時現在773円(▼46円)。

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)