買取王国はS高で引ける、Bガレジも一時S高

 この日にジャスダック市場に新規上場した買取王国<3181.OS>は午後2時に公開価格を1100円(122.2%)上回る2000円の初値をつけた後、ストップ高となる2500円まで上昇してこの日の取引を終了した。一方、この日に東証マザーズ市場に新規上場したビューティガレージ<3180.T>は12時36分に公開価格を1860円(80.8%)上回る4160円の初値をつけてスタートした後、一時ストップ高となる4860円をつける場面もあったが、結局4555円で引けた。
 なお、前日に東証マザーズ市場に新規上場し、当時は値つかずのまま取引を終え、この日の9時6分に公開価格を1200円(120.0%)上回る2200円の初値をつけたメドレックス<4586.T>は、一時2130円まで下げる場面もあったが、その後は切り返し2700円で引けており、引き続き根強いIPO人気を表した格好となった。

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)