14日のNY株式市場の概況 欧州景気懸念から小幅続落

14日のNY株式市場は、NYダウが1万3973.39ドルの9.52ドル安と小幅続落し、ナスダック指数は3198.66の1.78ポイント高と小幅続伸した。この日は、ユーロ圏の昨年10~12月期のGDPが3四半期連続で実質マイナス成長だったことから、欧州景気に対する懸念が浮上し売り先行で始まった。その後は、週間の米新規失業保険申請件数が市場予想を上回る改善となったことや大型の企業買収などを手掛かりに買い直されたが、結局、小幅安で取引を終えた。ハイテク株比率の高いナスダック指数は、グーグルなどネット関連の主力株が買われて、小幅ながら続伸し2000年11月以来の高値を連日で更新して取引を終えた。

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)