◎欧米外為市場サマリー

 14日のニューヨーク外国為替市場の円相場は1ドル=92円78~79銭と前日に比べ60銭近い円高・ドル安。欧州時間に発表されたユーロ圏の10~12月期GDP速報値が市場予想を下回ったことを受け、ユーロ安が進行。これを受け、ユーロ売り・円買いが強まった。米国の新規失業保険申請件数も市場予想より良好な数字となり、円は対ドルでも上昇。15日からの20カ国・地域(G20)財務相・中央銀行総裁会議への警戒感もあり円への買い戻しが強まった。

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)