昭和電工が6日続落、今12月期営業24%増益も回復鈍いと判断

 昭和電工<4004.T>が6日続落。14日取引終了後に発表した前12月期決算で、今13年12月期の連結売上高は前期比8.1%増の8000億円、営業利益は同24.5%増の350億円を見込んだが、エチレンプラントが一時操業を停止した反動が大きく、前期の営業利益40.6%の大幅減益に対する回復が鈍いと判断された。8日現在の信用買い残が282万2000株増の2438万5000株と積み上がったことで需給悪化も警戒されている。ただ、今期の為替レートは1ドル=83円に修正したが、現状92円台となっており、会社側の業績予想は保守的との見方が強い。

昭電工の株価は9時28分現在128円(▼6円)。

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)