ガンホーがS高カイ気配、「パズル&ドラゴンズ」好調で前12月期経常利益6.1倍に

 ガンホー・オンライン・エンターテイメント<3765.OS>がストップ高カイ気配。14日の取引終了後、12年12月期の連結決算を発表しており、売上高258億2100万円(前の期比2.7倍)、経常利益93億5500万円(同6.1倍)と大幅増収増益を達成したことを好感している。パソコン向けのオンラインゲームを展開するPCオンライン事業が順調に推移したことに加えて、昨年2月にサービスを開始した「パズル&ドラゴンズ」が1月30日時点で800万ダウンロードを達成するなどしたモバイルコンシューマ事業が急拡大しており、広告宣伝費の増加などを吸収して大幅増益を計上した。なお、13年12月期業績見通しは未開示ながら、1月単体売上高は前年同月比11.2倍となっており、引き続き「パズル&ドラゴンズ」の好調がうかがえる。
 また同社では、3月31日時点の株主に対して1対10の株式分割を実施すると発表している。投資単位あたりの金額を引き下げることで流動性の向上と投資家層のさらなる拡大を図ったもので、効力発生日は4月1日。

ガンホーの株価は9時26分現在197万4000円(△40万円)。

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)