中山鋼が軟調、13年3月期65億円の赤字見通し

 中山製鋼所<5408.T>が軟調。同社が14日に発表した13年3月期の連結業績で経常損益が65億円の赤字になる見通しであると発表、これで4期連続の経常赤字となり、業績への懸念から売りが優勢となっている。同社は新日鉄住金系の鉄鋼大手だが、リストラ努力も現状は奏功せず、鉄鋼の数量減少を受けて業績低迷から脱却できないでいる。「継続企業の前提」に関する記載も外れておらず、株価2ケタという値頃感はあるが、経営面でのリスク懸念が上値を押さえる背景となっている。

中山鋼の株価は9時55分現在59円(▼4円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)