エア・ウォーターが昨年来高値、ヘルスケアーテックの子会社化を好感

 エア・ウォーター<4088.T>が反発、一時前日比68円高の1209円まで買われ昨年来高値を更新した。14日大引け後にヘルスケアーテックの株式60%を取得し、子会社化することを発表したことが好感されている。ヘルスケアーテックは医療機器・医療材料の物品物流管理事業(SPD)の先駆的企業として20年にわたる実績とノウハウを有しており、今回の子会社化で病院運営のサポート体制を強化していく方針。同時に発表された今3月期の第3四半期決算は連結営業利益で前年同期比2.1%増の221億1200万円と増益で着地、通期予想の335億円(前期比5.8%増)に変更なく業績も好調だ。

エア・ウォーターの株価は9時53分現在1190円(△49円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)