北越紀州紙が大幅安、円安による原燃料価格上昇で13年3月期業績予想を下方修正

 北越紀州製紙<3865.T>が大幅安。14日引け後に13年3月期の連結業績見通しを売上高は従来予想の2100億円(前期比8.9%減)をそのままに、経常利益を120億円から100億円(同28.1%減)に下方修正したことを嫌気している。急激な円安による原燃料価格の上昇や工場構外の一部インフラの一時的な設備トラブルによる減産・効率低下などが要因としている。なお、同時に発表した第3四半期累計(4~12月)連結決算は売上高1553億3000万円(前年同期比10.5%減)、経常利益81億6600万円(同16.9%減)となった。

北越紀州紙の株価は10時15分現在431円(▼44円)。

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)