帝人がしっかり、シティ証が投資判断引き上げ

 帝人<3401.T>がしっかり。シティグループ証券が投資判断を14日付で「売り」から「中立」とし、目標株価を200円から210円に引き上げたことが観測されている。同証券によると高採算な防弾用を中心とした需要減と供給増によるアラミド繊維の大幅な収益低下や骨粗鬆症関連薬での競合激化などを主因に会社は毎四半期ごとに大幅下方修正を強いられており、主要製品の不振は14年3月期以降も継続する見通しとしている。しかし、これら悪材料に対する株式市場での認識は進んでいると指摘。14年3月期は痛風治療薬の拡大やLiBセパレーターの採用拡大などで、水準自体は低いながら増益に転じる見通しと評価している。

帝人の株価は10時02分現在203円(△1円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)