DyDoが13年1月期業績見込みを上方修正、コストコントロールの徹底が奏功

 ダイドードリンコ<2590.T>がこの日の取引終了後、集計中の13年1月期決算について従来予想の売上高1512億円、経常利益72億円を利益面で上回り、売上高1489億円(前期比1.0%増)、経常利益77億円(同15.1%増)で着地しそうだとの上方修正を発表した。個人消費の低調な推移に加えて、コンビニエンスストアなどにおける販売競争の激化で売上高は苦戦したが、販売費の見直しを含めたコストコントロールを徹底したことから、利益は従来予想を上回ったとしている。

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)