王子HDが3日ぶりに小反発、14年3月期の海外事業営業益3割増報道が手掛かり

王子ホールディングス<3861.T>が3日ぶりに小反発。16日付の日本経済新聞が「王子HDの2014年3月期の海外事業の営業利益は今期予想より約3割多い130億円程度になりそうだ」と報じたことが手掛かりになっている。この数年で進めた海外M&Aの効果が出るほか、段ボールや感熱紙が新興国で伸び、海外事業の売上高は同22%増の2300億円まで増加する見通しと記事は伝えており、来期の収益拡大に貢献すると見た向きの買いが先行している。

王子HDの株価は9時15分現在300円(△3円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)