イトーキが反発、13年12月期12%経常増益見通しで見直し買い入る

イトーキ<7972.T>が反発。15日引け後に12年12月期連結決算を発表。売上高は1055億800万円(前の期比14.6%増)、経常利益37億3500万円(同2.8倍)、最終損益27億200万円の黒字(前の期は16億2100万円の赤字)と大幅な収益拡大となった。首都圏を中心にオフィスの移転需要が旺盛で、オフィス家具の販売が伸長した。13年12月期は売上高1100億円(前期比4.3%増)、経常利益42億円(同12.4%増)、最終利益30億円(同11.0%増)を予想している。また、配当は前期が5円増配の年10円、今期は2.5円増配の年12.5円を予定している。業績の好伸長見通しから、見直し買いが先行している。

イトーキの株価は9時22分現在481円(△22円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)