ソニー、ダイキンなど高い、1ユーロ=125円台に買い戻しを好感

 ソニー<6758.T>、ダイキン工業<6367.T>など欧州向け売上比率の高い銘柄が、輸出採算改善思惑を手掛かりに買いが優勢だ。注目されたG20財務相・中央銀行総裁会議の共同声明では、最近の為替の円安についてドイツやフランスなど欧州勢からの圧力が懸念されたものの、日本に対する直接的な批判はなかった。これを受けて投機筋の円売りにより円高修正トレンドが維持されており、足もと対ユーロでは1ユーロ=125円台に入るなどユーロが買い戻される動きにある。

ソニーの株価は9時34分現在1340円(△27円)。
ダイキンの株価は9時34分現在3500円(△75円)。

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)