イオン底堅い、インドで個人向けクレジットサービスを開始と伝えられる

 イオン<8267.T>が底堅い。16日付の日本経済新聞が「月内にインドで中間層の個人向けに家電製品やバイクなどの分割払いサービスを始める」と報じたことが材料視されている。傘下の金融会社と現地企業との合弁会社を通じ、まずムンバイ市の家電販売店でサービスを開始、2016年度に目標取扱高100億円を目指すと伝えている。インドへは小売業での進出も検討しており、金融事業でブランド浸透を図るという。インド以外でも14年度に中国で10カ所以上の大型商業施設開設を予定しているほか、ベトナムやカンボジア、インドネシアの東南アジア3カ国に進出を予定しており、アジア新興国を中心にした海外戦略の加速が期待される。

イオンの株価は9時36分現在1055円(△9円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)