週末のG20声明に対する反応に注目

週末のG20声明に対する反応に注目
先週末に発表されたG20共同声明は、これまでの円安の動きが直接非難される内容にはならなかった。

これを受け、本日は前週15日終値から20銭近く高く始まっている。

G20を無難に通過した事で円買い圧力が後退しており、ドル/円は堅調に推移しそうだ。
本日、米国が休場ではあるが、アジア市場で株高進行局面が到来すれば、ドル/円は今月12日高値(94.40円)が試されよう。

もしこのレベルを突破できれば、市場の関心は95円台乗せを巡る攻防に集まる事が予想される。

その他引き続き、日銀総裁人事や本邦政府の要人発言にも注目したい。