きょくとが13年2月期業績予想を下方修正、新規出店コストなどが利益を圧迫

 きょくとう<2300.OS>が3日続落。前週末15日の取引終了後、13年2月期の業績見通しを従来予想の売上高70億円、経常利益4億9200万円から、売上高67億2700万円(前期比0.3%減)、経常利益2億5800万円(同43.0%減)に下方修正したことを嫌気している。消費者の節約志向が強まったことを背景に売上高が伸び悩んだことに加えて、新規出店と新規ブランドの開設費用の増加や、新しい機械設備の導入、販促活動の強化による費用の増加などが利益を圧迫した。

きょくとの株価は9時40分現在432円(▼13円)。

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)