ヤマハ発が下げ渋る、直近高値から17%下落で買い戻し

 ヤマハ発動機<7272.T>が下げ渋っている。14日取引時間中に発表した12年12月期決算で連結営業利益が前回予想の280億円から185億9800万円へ下振れて着地したことが嫌気され、売りがかさんだが、8日につけた昨年来高値1254円から前週末の安値1041円まで4日で17%下落したことで買い戻しが入った。新興国向け二輪車の販売増で、今期の連結営業利益は前期比2.7倍の500億円と急回復を見込んでいる。8日現在の信用倍率は0.33倍、15日申し込み現在の貸借倍率0.39倍。

ヤマハ発の株価は10時30分現在1073円(△9円)。

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)