イントラストが大幅反発、「家賃保証審査モデル」を用いたシステムを三菱総研と共同特許出願◇

C88f3fdf1

 イントラスト<7191.T>が大幅反発。13日の取引終了後、三菱総合研究所<3636.T>と賃貸物件向け「家賃保証審査モデル」を用いたシステムに関する発明について、共同で特許出願を行ったと発表しており、これを好材料視した買いが入っている。

 「家賃保証審査モデル」は、家賃債務保証事業により蓄積した履歴情報に対して、統計的な手法を用いて債務者の潜在的な滞納リスクや、家賃滞納が長期化することによる法的移管リスクを判定するモデル。一般的な入居時審査は、金融データや実務担当者の経験に基づいて行われているが、同モデルはイントラストが培った業務ノウハウと三菱総研の統計的分析における知見を活用し、科学的なアプローチによる家賃保証特有の審査モデルを構築しシステム化を実現したという。

(注)タイトル末尾の「◇」は本文中に複数の銘柄を含む記事を表しています。